smileエクステリア
MAIL FREE
smileエクステリア

全国順次拡大中!
造園・外構エクステリア専門店smileエクステリアです。

エクステリアも家の一部です

1.外構⼯事をした⼈の共通する後悔ポイントとは?

完成してからお庭にお悩みを
抱く方は少なくありません!

家は希望通りに作れたんだけど、庭に満足が行かない。カーポートが使いづらい、乗り降りしにくい。玄関前に目隠しがないから、外出時に通行人と目が合う。建物にお金を使ってしまったから仕方ないが、外観が思ったよりも貧相で恥ずかしい。

⼀例ですが、初めて家を建てた⼈が右記のような思いを抱いていることは、意外と少なくありません。

これからの家族の暮らしを考えて、「よし、家を建てよう!」と一大決心をした場合、その後は色々と情報を集めたり、住宅展示場で実物を見て、少しずつ自分たち家族にとって暮らしやすい理想の家づくりを進めていくと思うのですが、いざ家が完成してみると「あれ?」っと思うことが少しずつ⽬についてきます。

それも家の中ではなく、家の外に。
それはなぜなのでしょう?

「家」と「庭」の両⽅がちゃんと成⽴してこそ、はじめて「家庭」が作られるはずなのに、なぜ家の外には⽬が向かなったのでしょう?
後悔している⼈の話を聞いたり調べたりすると、実はいくつかの共通点がありました。

家は希望通りに作れたんだけど、庭に満足が行かない。カーポートが使いづらい、乗り降りしにくい。玄関前に目隠しがないから、外出時に通行人と目が合う。建物にお金を使ってしまったから仕方ないが、外観が思ったよりも貧相で恥ずかしい。

後悔する⼈の4つの共通点

CASE1,外構を後回し

家づくりをする上で、庭や駐⾞場などの家の外に配置するものも含めての家づくりをしていなかった

CASE2,予算

家づくりをする上で、庭や駐⾞場などの家の外に配置するものも含めて予算をたてていなかった

CASE3,情報不足

エクステリアに関する情報収集を全然できていなかった

CASE4,業者選び

家をつくる会社に外構‧エクステリアも任せきりになっていた

原因は「家づくり」を始めるとき
外構を後回しにしてしまうこと

正確に言うと、後回しにしてしまっているのではなく、後回しだという事にすら気づいていないと言うのが正しいでしょうか。

色々なお客様にヒアリングすると、家づくりは『庭』がセットだと思っているお客様が多くいました。
家づくりを行う業者は、庭づくりも一緒に考えてくれるんだと。

「え、当然でしょ?」と思うのかもしれませんが、業者側の考えや体制は異なります。

つまり、この時点で既に、住宅業界側の「考え」とお客様側の「思い込み」に齟齬(そご)が生まれてしまっています。

どういうことなのでしょうか?